生徒さんの声

多くのステージ経験を積んでステップアップしているT.Y.くん(小2)

T・Yくんは、保育園の年長時に入会された、現在小学校2年生の男の子。
とても頑張り屋さんで、既にステップやコンペティションの経験も積んでいます。

----近所にもピアノ教室はいくつもある中で、当教室を選んでくださったきっかけは?

知り合いの人に訊いても、ピアノ教室の様子というのは、なかなかわかりにくいんですよね。この子に合う、合わないも、なかなかピンとこない。そこでインターネットで調べていたところ、ホームページを見つけ、通える範囲だということもわかり、具体的に先生の指導の内容やどんな本を使っているか、などが書いてあったので、私も分からないなりに、「良さそうだな」と思って、興味を持ちました。

私は(ピアノは)詳しくはないのですが、きちんと書いてあるということと、体験レッスンができるというのがよかったですね。

----実際に入会されてみて、どんなことがよかったですか?

この子、まだ始めたとき、保育園だったじゃないですか。それでも、わかりやすい言葉で教えてくださったし、字もちゃんとひらがなで丁寧に書いてくださって、…初めの頃はノートにも子ども自身に書かせてくださったのが、すごいこの子のためになったんです。あれ、結構良かったですよね。

----なるほど、そうでしたよね。

本当に色んな、セオリーとかっていうのも、勉強の一つで、机に向かうっていうことじゃないですか、あれもこの子なりに良かったと思います。私もすごい勉強になったんですよね。コードとか、そんなの全然知らなかったし、だから一つずつ全部、ゼロからのスタートで、よかったなと思いましたね。

----表現力を養うための工夫というか、この曲で、どういうことを表現したらいいのかっていうことは、わかりやすかったですか?

まいかい、いってくれるのがよかった。

初めは難しかったけれど、何回も何回も重ねて言ってもらえたのが(Tくんに向かって)よかったね。

----同じ事でも何回も違う言葉で言ったのがよかったのですか?

繰り返し繰り返し言ってもらわないとわからないですからね。それに色んな方法で教えてもらえましたから。

----コンクールで難しい曲にも挑戦したけど、そういうのは大変じゃなかった?

大変やった。

少し前に、練習しててもこの子なりに不安で、「ぼくって上手になってるかな?」って心配で、訊くこともあったんですよ。だけど、まあ、練習してがんばってて、「前に比べたら良くなってるよ」って励ましたりしてたんです。

----そうだったんですね。ステップのアドバイザーや、コンクールの審査員の先生方のコメントは役に立ちましたか?

……。(ちょっとわからない様子)

でも、また来年も出たいって言ってたよね?

はい!

----教室への要望などは、何かありますか?

特にないです。

親としては、この先も長く続けて欲しいですね。小学生も、ある時期で塾や他の事で忙しくなって辞めてしまうケースもありますけど、少しずつでも、別に専門に進むとかじゃなくても、長く頑張ってもらえたらいいなと思います。

ありがとうございました。
Tくんはとても情熱的な生徒さんで、いつもびっくりするほど練習してきます。 多少厳しいことを言っても愚痴一つこぼさず集中して取り組む姿には、私も大きく刺激を受けています。だからこそ、ちょっとしたサインや訴えを、見逃さないように指導していきたいですね。

※文中の緑字は杉山、青字は生徒さん、黒字はお母様の発言です。