生徒さんの声

苦手な譜読みを克服、ピティナのコンペに出場したM.I.ちゃん(小3)

M.I.ちゃんは現在小学校3年生の女の子。
去年の6月から当教室のレッスンに通っていらっしゃいます。今年6月にはコンクールに出場されました。

他の教室から、杉山先生の教室へ移ってきて一年が過ぎました。一年前は、譜読みもほとんど出来ない状態でした。でも今年、ピティナピアノコンペティションに出場することが出来ました。お話しを頂いた時にはまだとても無理だろうと思っていましたが、本人が出てみたいというので挑戦してみることにしました。このコンクールに出場することで、親子共々大変いい経験をさせて頂きました。子どもへの声かけ、どう接すると良いかということを私自身いろいろ学ばせていただくことが出来ました。子供も本当によく頑張りました。もっとうまくなりたいと、毎日自分からピアノに向かうようになりました。

先生のレッスンは、子供を自然と頑張れるように導いてくださいます。決して追い立てたりせず、じっくりと子供と向き合って下さいます。少しでも良い所があると必ずほめて、認めて頂いてから、レッスンを始められます。毎回、私も穏やかな気持ちで、子どものレッスンを見守っています。

ピアノを通して、子供も親も、成長できる一年を過ごすことが出来ました。私自身ピアノは素人ですがピアノを一層好きになりました。これからも、子供と共にピアノを楽しく学んでいきたいと思っています。よろしくお願い致します。

はじめてM・Iちゃんにお会いしたとき、字の美しさにびっくりした覚えがあります。こんなに物事にていねいに大切に取り組む子は、絶対にピアノも目覚ましく成長するはず、という私の直感に違わず、彼女は本当にたったの一年でびっくりするほど上達しました。
向上心が強いので、本人が無理をしていないか、ちょっとしたことにも気をつけて見守っていきたいです。(杉山)