岐阜県大垣市のピアノ教室です。

塾に通う年齢が低下する一方、ピアノを長く続けてくださる生徒さんがいます。
→→ レッスンのひみつ

What's new!

2019年9月17日
現在、生徒を募集している時間帯はありません。
2020年1月以降、募集を再開する見込みです。

レッスンのひみつ

遊びは大事な学びです

研究の行き届いた教材とすぐれた教具で遊びながらテクニック習得のお手伝いをします。

より詳しい内容は楽しい教具へ。

レッスンの柔軟性

大切なことが何かを知っているからこそ、講師は様々なケースに柔軟に対応することができます。

楽譜を読むのが好きなお子さんは指を動かすより先に音符、体の発達が早いお子さんは指先の感覚をつかむ訓練を先に、など、生徒さんに応じてやり方を変えることができるからこそ、多くの人にレッスンを楽しんでもらえると考えています。

詳しい内容はエッセイで紹介しています。

練習したくなる工夫にあふれた教室

練習していないからといって頭ごなしに叱るということはしません。

状況は皆様それぞれ様々なので、年一回の個人懇談でお話をじっくり聴いた上で対応策を個別に考えます。

スタンプカードの導入や、100曲達成記念品、練習チェック表など、教室独自の工夫で練習したくなる方法を導入しています。

弾きたい曲は全面的に応援

弾きたい曲があると相談を受けましたら、楽譜探しから譜面のアレンジ、そして弾きやすい工夫の指導など、徹底的に応援します。

その生徒さんに応じたアレンジの楽譜を作ってあげられるのは、普段のレッスンを見ている個人の講師にしかできません。

講師もスキルアップのために頑張っています

子どもは親の言うことは聞かないけれど、親のすることは真似する、と言われています。

生徒と先生も同じです。

先生の背中を見て生徒は育つのだということを、日々実感しています。

ピティナの指導者検定を受けたり、ベテランの先生のレッスンを見学したり、自身もピティナのステップに参加したり、指導セミナーを定期的に受けるなど、沢山の学びの機会を得て幸せに思います。

音感トレーニングも実践

基本的にはバスティンメソッドで進めていますが、 希望者には江口メソッドのハタによる絶対音感トレーニングも実施。相対音感やリズムの聴音トレーニングにも柔軟に対応しております。

かつて3才で入会された生徒さんは、5年の月日を経て、絶対音感を確実なものとされました。

生徒さんの中に眠るやる気に火をつけるために

ピティナ・ピアノステップの活用

全日本ピアノ指導者協会主催のピアノステップへの参加をお勧めしています。もちろん参加は自由!熟練アドバイザーの先生からの丁寧なコメントも頂けるため、大きな励みになります。

年に何回でも参加でき、生徒さんのペースで目標を設定できます。

学校での合唱伴奏のサポート

クラス合唱の伴奏や学校でのイベントでピアノを演奏したい生徒さんをサポートします。必要なときには楽譜をアレンジして、小さな手にも無理のない伴奏譜を作成することもあります。

コンクールへの参加

これまでに
ピティナ・ピアノコンペティション
YPFピアノコンクール
バスティンコンクール
小さな種とつぼみ音楽コンクール
HANAMIZUKI芸術フェスティバル
などに生徒さんが参加。

コンクールは様々なレベルの方に各種ご案内しておりますが、ステップ同様、参加は自由。生徒さんの自主性を重んじています。